スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

キンボの帽子を売る男/解雇の非情 ジョシュ・ニアー

【オークション男―ウェス・シムズ】

CagePotato からの情報によりますと

TUF10メンバーであるウェス・シムズがキンボ・スライスの備品をオークションに出品。スカル・キャップを28ドルで販売していたそうです。「キンボ本人のサインがなければ真偽は不明だろうに」とCagePotato はツッコミ。

今現在キンボキャップのオークションは終了していますが、シムズのオークションIDをクリックすると、今度はサイン入りでロイ・ネルソンやマーカス・ジョーンズのトレーディングカード、自分自身のTUF10計量時のパンツなどを出品中で入札も堅調模様。

ウェス・シムズはTUF出演前、橋の下で生活していたそうです。


【鎮魂 ジョシュ・ニアー】

i_cfc_medium_large.jpg Lightweight Josh Neer released from contract following UFC 104 loss(MMA Junkie)

ポイントゲームが主流のUFCにおいて、「バンバンやろうぜ!」とオレ流を貫いてきた男=ジョシュ“デンティスト”ニアーが2連敗(4試合契約中)で解雇。

以下意訳になります。

マネージャーの弁

“残念ながら、最近の試合でジョシュは、塩漬スタイルの選手とマッチアップされてきました。少なくとも、相手をテイクダウンしたら、固めるだけではなくて試合をフィニッシュしようとするべきです。

たいていの選手はジョシュとのド突き合いを避けて、安全策ばかりです。 ファンのためにエキサイティングなファイトを目指すジョシュにとって、それはもどかしいことです。.

いまは複数の団体からオファーがあるので、どれがベストかを吟味中です。ジョシュは必ずUFCに戻ってきます。 ファンの皆様にはジョシュに対する日頃のご支援、誠にありがとうございます。”


ニアー親分語録

“オレは退屈なヤツだなんて呼ばれたことはねえ。大多数は判定勝ちを狙ってやがる。オレは断じて違う。それがファンに支持される理由だろ。

UFCが三賞ボーナスを始める前でさえ、オレは常に1本/KOスタイルを貫いてきた。ただ相手の上に乗っかって何もしねえとしたら、そんな試合は誰もがゴメンだろ。人々はちゃんとした試合に十分なお金を払う。

最低限、オレたちファイターができることは、白熱した面白い試合をファンに届けることじゃねえのかよ。ほとんどの野郎はそれを避けて、イージーな方に流されちまう。”


<オレ流がはまった試合>



ニアーと似たスタイルのような気がする、2連敗していたジェレミー・ステファンズ(その後勝利)というファイターはクビにならず。両者ファイトマネーを比較しても、

ニアー$14000(基本給)
ステファンズ$12000(同じく)


コストパフォーマンス云々の話しとは思えず。連敗(塩漬葬)の内容が原因だとしたら非情。おもしろい試合するのはニアーだけでは厳しいっすよ、そりゃあね。

もうこうなったら、、UFC復帰せずに日本が待ってます。

http://mmakawaraban.blog56.fc2.com/blog-entry-94.html

2009年11月11日 UFC トラックバック:0 コメント:0

<< 【動画】 ストライクフォース チャレンジャーズ 4 【登竜門】 | MMA瓦版TOP | 【備忘録】 キニナルマッチメイク >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。