スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ロジャー・フエルタの近況 アップデート

【旅行します―ロジャー・フエルタ】

rogerhuertaprepon5.jpgロジャー・フエルタの近況になります。

フエルタのここまでの動向は→コチラこちら

取材はシャードッグのフエルタ番 ロレッタ・ハント女史。

以下抜粋した意訳になります。

Huerta Enters Free Agency(Sherdog)

ロジャー・フエルタはフリー・エージェントになりました。

今週月曜、マネージャーのジェフ・クラークは言いました。

「我々は自由に他団体とも交渉できるようになった。他プロモーションからの引き合いは来ている。まあ、UFCがオファーを検討できる紐付きではあるが」

フエルタは今年1月、UFCとの新たな5試合契約を固辞しました。俳優に転身するためです。

フエルタ「最近、ヒョードル対ロジャースを観たんだよ。ショウは最高だった。メインは凄かったし、好試合も多かったよね。

(SF参戦の可能性)事の成り行き次第だよ。でも青木、メレンデス、トムソンなんかとは絶対に戦ってみたい。もしボクが参戦したら、彼らとはすばらしい試合になるはずだよ。まずは、しっかり注目を集めなければいけないけれどね。

それにベラトールも選択肢のひとつだよ。」

彼は12月に師匠のデイブ・メネーと一緒にタイのプーケットに旅する予定です。3週間、タイガームエタイジムへ出稽古に行きます。また、テキサスのオースティンにジムを開く計画もあります。

「(次の試合の時期は?)ジェフ・クラークに任せているよ。ボクにベストなプロモーションならどこでもね。そこがボクの向かうところだ」

この記事を受けて各サイトの反応。Bloody Elbow では
一番知りたいのはこういうことでしょう。UFCがどのくらいフエルタへのオファーに対抗しようとするのか?

大多数の人はメイナード戦が組まれた際に、アンドレイ・アルロフスキーのUFCでの末路を思い浮かべました。たとえ勝利したとしても、何にもならない試合。

しかし、私たちはいつも通りのフエルタ劇を目撃し、彼はスプリット判定で団体を去ることに。明らかに完敗でしたが、ジャッジの1人はフエルタの商品価値を守ったことになります。UFCを辱められながら出て行くのではなく、彼は今や競った試合をスプリット・デシジョンで落としたことになったのです。

これは今後も見逃せない、とても面白い状況でしょう。

MMA 4 Real より
フエルタは興味深い状況にあります。

UFC87での敗戦後、1年以上に渡って干されてきた彼をUFCはメインイベントで起用。負けた後でさえ、彼はファンの支持を得たようです。勝とうが負けようがフエルタは、いつも面白い試合をします。

しかしながら、彼は現在2連敗中です。

新しいTV契約とヒスパニック市場に標準をあわせたベラトールは候補先のひとつでしょう。

なのでフエルタが、どんな形のメリットを享受しようとするのかを見ることは興味深いのです。ストライクフォースも、もちろん可能性があるでしょう。

事がどう落ち着くのか、目が離せない状況です。

2009年11月25日 海外MMA トラックバック:0 コメント:0

<< 駒が足りないライトヘビー戦線 【リョート天下】 | MMA瓦版TOP | 【動画】 UFC 106 【オーティズ vs.グリフィン 2】 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。