スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ライト級の猛者ども 【虎視眈々】

【ビリーフランキー】

The_Only_Way_is_Up_III_by_neo_freudian.jpg12/5 TUF10ファイナルで、自身2度目のUFC3連勝を目指し、マット・ビーチと対戦するフランク・エドガー

来年はストライクフォースと共に、忙しくなりそうなビリー・エヴァンゲリスタ

飛躍を狙う両者の、記事をちょこっと紹介。以下意訳になります。

FRANKIE EDGAR PREPARED TO HIT THE CURVE BALL(MMAWeekly)

フランキー・エドガーの信条は、「己が進化できぬなら、やめちまえ」です。大方の予想を覆したショーン・シャーク戦(UFC98)の完勝で、28歳のエドガーは自信を深めました。

TUF10ファイナルでの当初の対戦相手、カート・ペレグリーノが背中の負傷で戦線離脱。相手は情報が不足気味のマット・ビーチへ変更になりました。

エドガー「紆余曲折アリ―それが人生。だから、どんな状況でもベストを尽くせるよう臨機応変さが必要だよね。」

下馬評ではエドガー優勢と見られているなかでの敗戦は、大きな代償になりかねません。

エドガー「かつてのボクがそうだった。無名でのUFC参戦(※いきなりタイグリ戦)。そして、ボクはそれをうまく活かせたんだ。今回、ビーチの強みは、まさにそこにあると思う。それも試合の一部分なんだ。もしベストになりたいなら、誰とでも戦って勝てるようにならなくちゃね」

お互い確固たるレスリングのバックグラウンドをもっています。エドガーは、ラトガース大学で練習を積み重ね、ビーチはマット・ヒューズやマイク・フィオレとトレーニングしています。

エドガー「彼は、前の試合とはまったく違うはずだよ。未知の部分が多いけど、試合中に彼の実力を把握するよ。厳しい一戦になる。(タイトル戦線に浮上するよう)自分のためにも、道を切り開かなきゃね」

BILLY EVANGELISTA CONTINUES STRIKEFORCE RISE(MMAWeekly)
ビリー・エヴァンゲリスタ(10-0-1)は、ジョージ・グーゲルのようなベテランファイターを相手にして、自身が100%ではない状態でも勝てるということを証明したようです。

ビリー「1ヶ月前に足のつけ根を怪我したんだ。怪我の治療で満足に練習できなかった。そんな状況で、グーゲル戦は良くやったと思っているよ。

(怪我をおして出場した理由)事態はすべて進行していたから。プロモーションも済んでいたし、オレの試合を期待してくれる地元のファンもいる。おじゃんにはできないって感じたよ。

SFは1月に戦うよう言ってきたけど、次戦は2月か3月がいい。怪我も癒えて、息抜きもできるし。それから復帰したい。」

2010年に大躍進を狙うストライクフォースにとって、エヴァンゲリスタは、ライト級において重要人物になる可能性があります。そしてそれは、彼のいままでの道のりから、適当なものです。

「みんなには、来年のオレに注目してほしいね。いつ何時でも、到来したチャンスをモノにするつもりだ」
http://mmakawaraban.blog56.fc2.com/blog-entry-102.html

2009年11月30日 Fighter トラックバック:0 コメント:0

<< 海外興行の今後を語る 【ダナ・ホワイト】 | MMA瓦版TOP | 【動画】 GSP×Tスウィフト 【ビヨンセもビックリ】 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。