スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

当世総合格闘技ジム事情 【練習するならカネ落とせ】

【AKA―ポール・ブエンテロの場合】

No_Trespassing_by_SimpleBeauty.jpgUFC107では惜しくも敗れてしまったブリトー大好きポール・ブエンテロ。

大事な復帰戦を前に所属ジムAKAとの間で、ごたごたがあったそうです。

以下意訳になります。

AKA: Sure, Train With Us, but Only if We Get a Percent of Your Income(Bloody Elbow)

ポール・ブエンテロはUFCへの復帰を決めた際、マネージャーをボブ・クックから新しい人物に代えました。Zinkin Entertainment に対するダナ・ホワイトの感情は業界内ではよく知られているからです。

結果として、ブエンテロは長年練習を積んできたアメリカン・キックボクシング・アカデミーを一時出入り禁止になってしまいました。


“友人の Dave Velasquez (Nor Cal Fight Factory) によると、事の発端はマネージャーを変更したことにあると言います。

ブエンテロ「もしまたUFCに戻るときには、自分をもっと売り込んでくれる人物にマネジメントを任せたかったんだよ。わたしが一番だよって風にね」

テキサス生まれの彼にとってその人物とは、Dedos Marketing Group の Elis Pacheco だったようです。NYに拠点を構えアイスT、ファット・ジョー、ビヨンセ・ノウルズが所属するマネジメント会社です。

前マネージャー兼トレーナーのボブ・クックは沈黙を守ったままです。”


トレーナーが代理人を兼ねるという仕組みは、変える必要があるのではないか。

MMAではありふれた光景。その原因は、薄給がこのスポーツへの大手エージェンシーの参入を阻んでいるからで、結局多くの問題をファイターに引き起こすことになるでしょう。

代理人の利害とトレーナーの利害が衝突することは、ままあります。

例えば、レスリングより、もっと打撃の向上が必要なAKA所属の選手にとって、良質な代理人ならば所属ジムにとらわれずにクライアントのために必要な選択肢を提供できるでしょう。

しかし、トレーナーが代理人を兼業している場合は、できるだけ所属ジムでファイターを囲っておこうというインセンティブが発生する可能性があります。

ジムがマネジメントを手がけることになんら問題はありませんが、代理人とトレーナーは同じではないほうが望ましい。

いまのところ、AKAやATTのようなビッグキャンプに集まる若手ファイターたちは結局、所属ジムとマネジメント契約をすることになります。

もし彼らがより良いマネジメントを求めた場合に、彼らは所属ジムから追い出されることを心配しなくてはなりません。

キャンプがマネジメントを手がけることに異論はありませんが、所属ジムから追い出すという脅しをかけることは、いただけません。

GSP戦を控えたジョン・フィッチの腑抜けたローキックにハッパをかけたボブ・クックの話を耳にした時には、なんとも奇妙な感じがしたものです。

コービー・ブライアントのエージェントが、彼のジャンプ・ショットにダメ出しする光景はお目にかかれません。

柔術を教えながら、ファイターを売り出すベストな仕事をこなせる誰かがいないものか?

新しい代理人やマネージャーを求めて、ジョン・フィッチやケイン・ヴェラスケスがAKAを出禁になったら驚きですが。

MMAWeekly よりブエンテロさんコメント
ボブからちょっとした出禁をくらってね。クレイジー・ボブとはずっといい仲だった。マネージャーの件で彼の気持ちを害してしまったようなんだ。ボブとはずっと友人だし、彼の気持ちを尊重するよ。気持ちが晴れるまで、しばらくジムには来ないよう言われたんだ。

以前、ジムを求心力にしたファイター労働組合の可能性を論じていた WKR ではUFCとAKA勢とのシコリに触れて
ブエンテロのアクションは、ストライキ中のピケ破り労働者に似ている。なのでAKAがとった行動は何ら驚きはない。

不明な点は、UFCのAKAに対するスタンスがブエンテロの下した決断の一因になったのかということ。Fight! Magazine の記事では、AKAマネジメント下ではなかった情熱を新マネジメント会社からは感じたということらしい。

けれども、以前にもUFCはAKA勢とは衝突している。ジョン・フィッチ肖像権問題を発端に、AKA全員を追い出すと脅したことである。

ボブ・クックが関わる Zinkin Entertainment はブエンテロの他にチャック・リデル、フォレスト・グリフィン、カン・リー、マイク・スウィック、ジョシュ・コスチェック、ケイン・ヴェラスケスをマネジメント。

ボブ・クックはストライクフォースのコンサルタントもしているそうです。Sherdog より。当世総合格闘家生計事情 【パンよこせ】

2009年12月14日 Opinion トラックバック:0 コメント:0

<< 「あたしゃランペイジが好きなんだよ」 【ラシャドママ】 | MMA瓦版TOP | チャールズ・キッドカオス・ベネット 【アップデート】 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。