スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

WEC延期と裏事情、OSACの規制

【WEC延期とバーサス問題】

"WEC 43: Cerrone vs. Henderson" rescheduled for Oct. 10, location uncertain at this time(MMA junkie)
WEC延期のニュースと関連した勝手な深読み。以下意訳。

複数の情報筋から聞いたところによるとWEC43(9/2)は10/10にスライドされる模様です。後にWECから正式に発表がありました。まだ開催地は未定。

不透明な状況にも関わらず、WEC側はバーサスTVでの放送は予定通り行われると発言。延期の原因とされている王座戦を戦うベン・ヘンダーソンのケガの内容は明らかにされていない。

10/10への変更はWECがNFL番組と競合するという今までの戦略から逸脱している。

HENDERSON INJURED, WEC 43 MOVED TO OCTOBER 10 (MMA weekly)
ベン・ヘンダーソンの状態をマネージャーが話す。
Jason Genet
「ちょっとした体の問題さ。100%の状態で戦える時間をくれたWECと対戦相手のD・セラーニの計らいには感謝している。」

D・セラーニ
「試合が延期されてクソッタレって気分だよ。10月に戦えるってのが救いだけど。ジェイミー・バーナー(WEC王者)が1番喜んでるだろうな。テメーがチャンピオンでいられる時間が少しでも延びたんだからな。」

DirecTV-Versus Impasse Possible(MMA payout)
セラーニとバーナーは自身のツイッターでお互いを罵った過去があります。ここまではベン・ヘンのケガが延期の理由だと思われますが、見方を変えるとこんな事情もあるのかも。
ディレクTVとバーサスは現在、配給契約延長の最終交渉を行っている、がその契約期限は8月いっぱいで失効する。そして交渉は行き詰っている。結果としてディレクTVはバーサスを切り捨てる可能性があるかもしれない。

問題の核心は、バーサスが格闘技も番組スポンサーが求めるメジャースポーツ同様の人気コンテンツなのだから利益配分アップは当然だと信じているのに対して、ディレクTVは法外な要求だと思っている。それゆえに交渉が行き詰っている。

契約期限が8月末なので、このままいくと9/2開催予定だったWEC43はテレビ放送が宙にうく可能性もなきにしもあらず。なので交渉を仕切りなおす時間がWEC、というかバーサスには必要だったのではないかなと。ベンさんも怪我はしてるにしても。

MMAペイアウトの見解としては、UFCにとっては大した問題じゃないとしつつもWEC吸収問題に絡めて、もし合併されるとしたら新設予定のフライ級はなくなるだろう、と分析。合併の目的であるブランド力を高め、魅力あるカード提供という考えからするとフライ級は未知数すぎるからだと。

個人的には一緒になった場合、契約下にあるファイターを捌ききれるのか、そのために興行数が飛躍的に増えるのかが気になります。UFC初登場→負け→速攻にクビってのが起こるかも。

【減量管理に取組むオハイオ・コミッション】

Same-day weigh-ins still possible for next week's WEC 43 event in Ohio(MMA junkie)

WEC43の開催予定地だったオハイオ州コミッションの減量規制の話。
オハイオでは前日計量と当日計量を実施する規定を設けている。選手は13ポンド(約6キロ)以上の増量を前日計量から当日計量にかけて行ってはいけない。WEC43はこの方針で計量実施される予定だった。

しかし、過去4度UFCがオハイオで大会を開催した際には当日計量は実施されなかった。

コミッション重役のBernie Profatoさん
「オハイオは他のどの州よりも多くのMMA大会を規制し、選手のライセンスを監督してきたんだよ、今のところは。もし減量で選手のコンディショニングが当日最悪なら、脳震盪を和らげる体内水分の補給なしに攻撃を食らうことになる。もうファイターは気づいているはずだ。そして、この規制は選手が適正体重で戦うようになる。」

米国はMMAがコミッションに規制されてるとはいえ各コミッションでだいぶさじ加減が異なるみたいです。記事を読むと増量規定があるにもかかわらずあまり実施されていないようですし。ケージフォースは実施中だったはず、たしか増量規制。

【その他コミッション規制関連】

Evangelista-Aina Changed to No Decision(sherdog)
ストライクフォース参戦中、ビリー・エヴァンゲリスタとマイク・アイナの裁定が覆る。グラウンド状態の相手に頭部へのヒザ攻撃で反則負けになったビリーですが、ノーデシジョンに変更。記事を読むと今回の決定に至った、西洋社会の法へのアプローチの仕方が興味深いです。

CSAC Approves Amateur MMA, Visits Instant Replay(sherdog)
カリフォルニア州コミッションがアマチュアMMA大会をCAMOという組織に監督管轄を委託することが決定される。

2009年08月25日 海外MMA トラックバック:0 コメント:0

<< UFC2から15年、53歳の初勝利 | MMA瓦版TOP | UFC歴代PPV件数 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。