スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ランペイジに出会い幸運をつかんだ男

【UFN19に初登場するランペイジの愛弟子】
20090807111729_jatsilvaj.jpg謎(情報非公開)の感染症でCBダラウェイ戦をキャンセルした、ダン・ミラーの代役として急遽、白羽の矢が立ったジェイ・シルヴァさんのインタビュー。

UFN19がデビュー戦。以下意訳。

2年前、ジェイ・シルヴァ(5-1)は、MMA好きな唯のナイトクラブのボディガードでした。それから、ランペイジ・ジャクソンとの幸運な出会いが、彼をMMAへと導きました。

―MMAをはじめたキッカケは何ですか?
以前NYでバウンサーをしていて、乱闘は日常茶飯事だった。ヘンゾ・グレイシーファミリーのバウンサー仲間に出会って、よく柔術を練習しに来いって言われてね。ある日TUF1を観て、コレだ、オレは野郎どもを蹴っ飛ばしてえ!と思ったんだ。それで、柔術の練習を始めたんだ。

―NYからLAに引っ越しを決めた理由は何ですか?
ランペイジに出会ったからさ。彼のおかげさ。

―どこで出会ったんですか?
UFC78だね。オレの前の席に座っていた。まえからランペイジは好きだったし、ワォ!って感じで信じられなかったね。写真を一緒に撮って貰おうと思ったんだけど、ランペイジは迷惑そうな顔をして、「いいよ」って感じで。彼を嫌いになったよ。他にも写真を求めるファンがたくさんいて、試合に集中したかったようだけど、その時は理解できなかったんだ。

それから、彼の友達の隣に座って試合の賭け事をしたんだ。「ここ出身か?」と聞かれて、「そうだよ」なんて話しているうちに意気投合してね。ケータイ番号を交換した。30分後に電話がきて、待ち合わせたらランペイジ、ダンヘン、メイヘムなんかが一緒でね。ランペイジとはクラブで打ち解けて一緒にトレーニングしようって話になって、カリフォルニアまで行った。もう親友みたいになってね。「こっち来たらどうか?」と言われて今に至る感じだね。

―UFCと契約にいたる経緯は?
ケニー・パヴィアがまとめたんだ。ケニーから「いい知らせがある」って電話が来て。UFC参戦は信じられなかった。契約書にサインしても、まだ信じられなかったね。オクタゴンに実際に足を踏み入れたら実感するだろうね。

―デビューまでもう少し時間がほしいとは思いませんでしたか?
そうだね。でも8/15に"Call to Arms"で戦ったばかりだからグッドシェイプだよ。シーク・コンゴといつも一緒に練習しているし。もうちょっと時間があればとは思うけど、そうじゃない時もあるからね。

―対戦相手のダラウェイは負けたら後がないので、必死に向かってくると予想していますか?
そうだね。彼が負けるのはわかってるけどね。いい選手だけどよく知らないし、CBは憧れの選手でも何でもない。テレビに映った時、ちらっと試合を観た事があるくらいだ。特別気にならないヤツだね。いまや、戦うことになっても、リサーチしたりはしない。なぜなら、オレは自分の戦いをするだけだから。あんまり対戦相手のことは考えたくない。この試合は、ふたつにひとつ、オレがノックアウトするか、されるかだ。判定にする気はない。願わくは彼をノックアウトしたいね。

―あなたをよく知らない人にとって、どんなスタイルのファイターだと比較できますか?
オレの試合を見れば、わかるよ。

―UFCで対戦したい相手は誰ですか?
えへへ、言いたくないよ。

―なぜですか?急にシャイになったの?
違うよ。オレはアップカマーで、試合は選べない。ただ戦いたいだけさ。

―シルヴァと名の付くグッドファイターがMMAには、たくさんいます。あなたの名前が、すぐに「ベストシルヴァは誰だ?」議論に加わることになりますか?
すぐにそうなることが、わかるよ。オレのこの言葉を覚えておくことだね。


この他には、対戦相手のビデオをあまり観ない理由を語って、「相手のことばかり考えてしまい、自分の試合ができなくなる」こと、CB戦に向けてフィジカルとコンディショニングに力を入れていること、打撃向上のため、ワイルドカードに毎日通って、フレディ・ローチにボクシングを習っていたそうです。





【海外ミニ情報】

今更ながらUFC102ドラッグテスト結果
全22人のファイターのうち、検査にピックアップされたのは6人。ノゲイラ、クートゥア、アーロン・シンプソン、トッド・ダフィー、エヴァン・ダナム、クリス・リーベンのみ。全員合格。リーベンは試合前後に入念にチェックされた模様。(5thRound)

アリーナランブル試合結果(Sherdog)
ジェレミー・ホーン肩固めでグイダ兄に1本勝ち。グイダ5連敗。トレバー・プラングレイは18秒ノックアウト勝利。ストライクフォースにも参戦中ライル“ファンシーパンツ”ビアボォウムは1RTKO勝利。

噂されるDREAM×SFの交流戦は、メレンデスとかシールズじゃなくて、このファンシーパンツさんやビリー・エヴァンゲリスタなんかが便利屋として、送り込まれる気がしてしまう。(PRO MMA)(MMAjunkie)





ジョシュ復帰を応援する男
URDirt.comのオーナーAlberto Martinezさんが、ジョシュ・バーネットの米国再上陸を支持。「ヒョードルがブレット・ロジャースを蹴散らした後は、ジョシュしかいないだろ」とアフリ幻のカードを熱望。ツイッターでジョシュに「アメリカでまた戦いまっか?」とつぶやいた結果、「当たり前やろ」とジョシュが返事。(URDirt)

2009年09月16日 UFC トラックバック:0 コメント:0

<< ウラケンがパンクラス殴りこみ | MMA瓦版TOP | オクタガールは副業です >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。