スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

無敵リョート・マチダの飲尿メソッドは

【アスク・ザ・ドック―飲尿の効用】

Ask the Doc: Do MMA fighters really benefit from drinking their own urine?(MMAjunkie)

リョートマチダの飲尿法の真価はいかに。以下意訳。

アスリートが飲尿から得られる恩恵は本当にあるのでしょうか?

MMAファイターのリョート・マチダやルーク・クモ、ボクシングのファン・マヌエル・マルケスも、あけっぴろげな飲尿支持者です。

しかし医学は、尿=黄金のネクタル(※神々の飲む不老長寿の酒)を飲むことは価値があると見なしているのでしょうか?

読者の質問:リョートマチダのようなファイター(毎朝、自分の尿をがぶ飲みしていると公言)を一例として、尿は体内からは吸収できない栄養分のかたまりだという話を聞いたことがあります。

これには正当性があるのでしょうか?―ミッチ

ドクターベンジャミン:
尿の95%は水分です。2.5%は尿素、残りの2.5%はミネラル、塩分、ホルモン、無害な物質の混合物です。

飲尿の実践は特別新しいことではありません。飲尿の潜在的効用と治癒力は何世紀にも渡って、多くの文化圏で奨励されてきました。

にもかかわらず、それらの信心を裏付ける、信頼できる学識や研究はひとつもありません。

尿は極限的なサバイバル状況において、95%に及ぶ水分要素のために利用されてきました。また、尿を浄化、ろ過した水を国際宇宙ステーションでは利用しています。

飲尿はほんの少しの水分補給になるかもしれませんが、体がその他5%の混合物質を必要としていないのなら、わざわざ吸収する理由があるでしょうか?

新鮮なコップいっぱいのH2O=尿を、少しづつ飲むのは容易なことではないですよね?

メイウェザーとの大一番を控えるマルケスも実践。




町田一家涙目。いやいや、科学だとか数字なんかじゃ計れないのが町田空手の武道の真髄.....と勝手に解釈しちゃう。
【関連エントリ】お医者さん訪問、薬物探知には血液検査と尿検査どっちがベスト?

2009年09月18日 Opinion トラックバック:0 コメント:0

<< UFC103テキサス州の事情 | MMA瓦版TOP | UFN19ピックアップ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。