スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

UFC103テキサス州の事情

【UFC103ピックアップ】

UFC_103-Franklin_vs_Henderson_2.jpgUFC requests drug testing for UFC 103, despite lack of requirement in Texas(MMAjunkie)

UFC103開催地テキサス州のドラッグテストについて。

テキサスでは、ドラッグテストを必須とする規制はありませんが、UFCは自主的に第三者機関に検査を委託して行う方向。

何人かの選手をランダムで抽出して検査。テスト結果は、陽性反応がでたファイターのみUFCに通知。


過去テキサスでUFC69が開催された際に、UFCと監督機関Texas Department of Licensing and Regulation (TDLR)との間に誤解があり、双方ともに「相手方が検査をするのだろう」と勘違いした結果、ドラッグ検査が行われなかったという経緯がアリ。

今のところテキサス州は、今後も薬物検査を行うつもりはないそうです。

さて、前説はこのくらいで以下独断と偏見による予想。

<195ポンドキャッチウェイト/5分3R>
リッチ・フランクリン:195ポンド(88.4キロ)
ヴィトー・ベウフォート:196ポンド(88.9キロ)


お互いライトヘビー&ミドル級を行き来して辿り着いた変則ウェイトでのメイン戦。当日のコンディションが鍵か。

ピックアップ:リッチ・フランクリンby判定


<ヘビー級/5分3R>
ミルコ・クロコップ:226ポンド(102.5キロ)
ジュニオール・ドスサントス:236ポンド(107キロ)


如何せん試合時間が短すぎて、底がはかれないサントスさん。計量時の不敵な微笑みが印象的だったミルコタイガーさん。ミルコのサブウェポン=左ストレートが炸裂する気がする。

ピックアップ:ミルコクロコップbyTKO


<ウェルター級/5分3R>
ジョシュ・コスチェック:170ポンド(77.1キロ)
フランク・トリッグ:170.25ポンド(77.2キロ)


金網の外では糖分たっぷりなのに、ケージ内だと塩分度がグッと増すコスさん。「(バスケ界に)マイケル・ジョーダンがいなけりゃ、レブロンジェームズも存在しない。バリー・ボンズはベーブ・ルースのおかげ。俺がいなけりゃMMAも.....」的な発言に、MMA第1世代としての矜持を感じさせるトリッグさん。コスは甘みアップ、トリッグは生き様を期待。

ピックアップ:ジョシュ・コスチェックby判定


<ウェルター級/5分3R>
マーティン・カンプマン:169.5ポンド(76.8キロ)
ポール・デイリー:170ポンド(77.1キロ)


ウェルターに落としていきなりコンディットを喰ったカンプさん。ビスピン、ハーディーに続けと英国第三の星デイリーさん。総合的にカンプマンに分か。

ピックアップ:マーティン・カンプマンby判定


<159ポンドキャッチウェイト/5分3R>
エルミス・フランカ:159ポンド(72.1キロ)
タイソン・グリフィン:155.5ポンド(70.5キロ)


髪型&髪色がファンキーすぎるフランカさんが、個人的には容貌が妖怪ベムにみえるタイグリさんと対戦。組んでからどっち強いか、フランカは簡単に下になるようだとタイグリの思うつぼ。

ピックアップ:タイソン・グリフィンby判定


<ライト級/5分3R>
エフライン・エスクデロ:156ポンド(70.7キロ)
コール・ミラー:155ポンド(70.3キロ)


予想を覆しTUF8を優勝したエスクデロさんの“おいしい首”を狙うは、悪童ジュニーをギロチンで斬って捨てたミラーさん。その試合後「Who is overrated now ?」とシュートな発言でジュニーを蹂躙。エフラインも餌食になるのか。

ピックアップ:エフライン・エスクデロby判定


<ミドル級/5分3R>
ドリュー・マックフィールズ:185.25ポンド(84キロ)
トーマツ・デューエル:185ポンド(83.9キロ)


スパイクTVでの無料放送で名前を売り込みたい二人。ポーランド出身デュワルさんと勝ったり負けたりマクフェドさん。ド突きあいの予感。

ピックアップ:トーマツ・ドュワルbyTKO


<ライト級/5分3R>
ジム・ミラー:154.5ポンド(70キロ)
スティーブ・ロペス:154.5ポンド(70キロ)


たしかチアゴタバレスとの試合だったミラーさん。そこに急遽はめ込まれた初参戦ロペスさん。ジムがだましの右からテイクダウンできれば堅い。

ピックアップ:ジム・ミラーby判定


<ライト級/5分3R>
ニック・レンツ:155ポンド(70.3キロ)
ハファエロ・オリベイラ:155.25ポンド(70.4キロ)


ハイガードからガンガン関節を仕掛けるオリベイラさんとコチラも代役初出場ニック・レンツさん(いまはダメダメなドリュー・フィケットに勝ち星あり)。スクランブル合戦になりそう。

ピックアップ:ニック・レンツby判定


<ウェルター級/5分3R>
リック・ストーリー:170ポンド(77.1キロ)
ブライアン・フォスター:170.25ポンド(77.2キロ)


シャインファイト1で快勝したフォスターさん対連敗は首切りの恐怖が迫るストーリーさん。正直展開が読めない。

ピックアップ:ブライアン・フォスターby判定


<ライトヘビー級/5分3R>
エリオット・マーシャル:204.75ポンド(92.8キロ)
ジェイソン・ブリッツ:205.25ポンド(93キロ)


TUF同期マガリャエスを葬り去ったマーシャルさん。地味に2連勝ブリルズさん。エリオットの成長次第。

ピックアップ:エリオット・マーシャルbyサブミッション


<ライトヘビー級/5分3R>
イゴール・ポクライェク:203ポンド(92キロ)
ウラジミール・マティシェンコ:205ポンド(92.9キロ)


クロアチアからの刺客ポクライェクさんと「お帰りなさい」なマティシェンコさん。8連勝中の勢いか、それともベテランの塩味か。

ピックアップbyイゴール・ポクライェクbyTKO


<ライト級/5分3R>
ハファエル・ドスアンジョス:155.5ポンド(70.5キロ)
ロブ・エマーソン:155.5ポンド(70.5キロ)


連敗崖っぷちのアンジョスさん。ペレグリ戦が不甲斐なさすぎたオーヤマさんとこのエマーソンさん。ドスアンの執念がロブを上回れるか。

ピックアップ:ハファエル・ドス・アンジョスby判定


【UFC103】 公開計量終了、ベウフォートは2度目でパス(MMA PLANET)


【ジョアンナのUFC103予想】




【崖っぷちのシルビアさん.....結果はいかに】

Tim Sylvia's Last Chance to Be Relevant(MMA Fanhouse)
これで負けたら死亡宣告記事。

2009年09月20日 UFC トラックバック:0 コメント:0

<< タチ・パレス・ファイツ誕生!しかしPFCのオーナーも動きだす | MMA瓦版TOP | 無敵リョート・マチダの飲尿メソッドは >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。