スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

UFC103 アラフォーたちの行方

【UFC103 雑感】

Huerta Not Calling It Quits(Sherdog)
時期外れの拙い雑感の前に、UFCとの契約を満了したロジャー・フエルタのニュース。

「二連敗のまま終われない。(ファイターを)今すぐに止めようなんて思っていない。いまは俳優業を最優先にするつもりはないし、戦うことが第一だ。UFCが必要とするなら、ボクは喜んでカムバックするよ。」

フエルタがモチベーションを取り戻したのか、よしよし!という単純な話でもないようなので、コレは補足情報を加えて、またお伝えします。


◆メインカード
<195ポンドキャッチウェイト/5分3R>
・決まり手:左パンチTKO(Round 1, 3:02 )
●リッチ・フランクリン:195ポンド(88.4キロ)
○ヴィトー・ベウフォート:196ポンド(88.9キロ)


何が効いたのかわからないうちに、フランクリンが前のめりに崩れ落ちる。ヴィトーの左がテンプルを捕らえた様子。ヴィトーの左は怖~い。


<ヘビー級/5分3R>
・決まり手:パンチからの口頭タップアウト(Round 3, 2:00 )
●ミルコ・クロコップ:226ポンド(102.5キロ)
○ジュニオール・ドスサントス:236ポンド(107キロ)


予想は大外れ。「オクタゴンには甘美なファンタジーもなければ、目頭を熱くするような復活ロードも存在しない。ただそこにあるのは、圧倒的現実のみ」ということを思い知らされるような試合。ドスサンは、恐れを知らない若さで圧倒。けどやっぱり底がわからん。ヴェラスケスとみたい。


<ウェルター級/5分3R>
・決まり手:右2連発TKO(Round 1, 1:25)
○ジョシュ・コスチェック:170ポンド(77.1キロ)
●フランク・トリッグ:170.25ポンド(77.2キロ)


コスが右2連発をビッグヒット。トリッグは金網串刺し状態で終了。トリッグは“生き様”どころではなく“死に様”になってしまった。ちょっと悲しい。


<ウェルター級/5分3R>
・決まり手:スタンドTKO(Round 1, 2:31)
●マーティン・カンプマン:169.5ポンド(76.8キロ)
○ポール・デイリー:170ポンド(77.1キロ)


タイトルショットを高らかにアピールするためか、打撃上等のデイリーにスタンド勝負を挑むカンプ。案の定返り討ちに。初登場デイリーはカンプを踏み台にロケットスタート。


<159ポンドキャッチウェイト/5分3R>
・決まり手:パウンドアウトTKO(Round 2, 3:26)
●エルミス・フランカ:159ポンド(72.1キロ)
○タイソン・グリフィン:155.5ポンド(70.5キロ)


私見ですが、打撃が上手いんだか下手なんだかよくわからない印象のタイグリ。この日フランカを倒した右ストレートはお上手。ただタイグリはエドガーやメイナードのようなスピードはないし、同体型シャークの老獪なボクテクの前には沈黙。なのでこの勝ち方が、タイグリの覚醒なのかは、ようわかりません。


◆アンダーカード
<ライト級/5分3R>(スパイクTVオンエアー)
・決まり手:右ストレートTKO(Round 1, 3:36)
○エフライン・エスクデロ:156ポンド(70.7キロ)
●コール・ミラー:155ポンド(70.3キロ)


リーチ差を恐れずに突撃するエスクデロの右ストレートがアゴを打ち抜く。ダウンしたミラーに怒涛のパウンドアウト。ミラーは畳み掛けられると脆い印象。エスクデロはまだまだ伸びる予感。


<ミドル級/5分3R>(スパイクTVオンエアー)
・決まり手:リアネイキドチョーク(Round 2, 1:03 )
●ドリュー・マックフィールズ:185.25ポンド(84キロ)
○トーマツ・デューエル:185ポンド(83.9キロ)


他のことに気を取られていたら、デュヴァルがRNCを極めていた。マクさんお疲れです。


<ライト級/5分3R>
・決まり手:脱臼経由TKO(Round 2, 0:48 )
○ジム・ミラー:154.5ポンド(70キロ)
●スティーブ・ロペス:154.5ポンド(70キロ)


左パンチでダウンを奪い、金網サンドウィッチなギロチンもみせたジミラーが勝ち。やっと判定脱出の地味らー。ロペスの脱臼だけれども。


<ライト級/5分3R>
・決まり手:判定(29-28, 29-28, 30-27)
○ニック・レンツ:155ポンド(70.3キロ)
●ハファエロ・オリベイラ:155.25ポンド(70.4キロ)


テイクダウンを仕掛けるオリベに対して、ギロチンで切り返すレンツな展開。せめぎ合いを制したレンツに軍配。


<ウェルター級/5分3R>
・決まり手:肩固め(Round 2, 1:09)
○リック・ストーリー:170ポンド(77.1キロ)
●ブライアン・フォスター:170.25ポンド(77.2キロ)


いきなりフルスロットルなド突き合いで始まり、終わりは、ストーリーがインサイドガードから1本奪取。「(肩固め)足使ってねー。腕だけやん。」byジョー・ローガンもビックリ。


<ライトヘビー級/5分3R>
・決まり手:判定(30-28, 27-30, 30-27)
○エリオット・マーシャル:204.75ポンド(92.8キロ)
●ジェイソン・ブリッツ:205.25ポンド(93キロ)


マーシャル.....このままでイイのか?ブリルズは前には出ていたんだけれど.....。


<ライトヘビー級/5分3R>
・決まり手:判定(30-27, 30-27, 30-27)
●イゴール・ポクライェク:203ポンド(92キロ)
○ウラジミール・マティシェンコ:205ポンド(92.9キロ)


ポクライェクがミルコの練習パートナーだとしたら、そりゃあドス・サントスは厳しい感あり。マテュシェンコはナイス!スープレックスみたいな技。


<ライト級/5分3R>
・決まり手:判定(30-27, 30-27, 30-27)
○ハファエル・ドスアンジョス:155.5ポンド(70.5キロ)
●ロブ・エマーソン:155.5ポンド(70.5キロ)


1~3Rに渡ってじわじわ~とインローを効かせ、テイクダウン圧力をかけたドスアンが勝利。エマーソンは序盤に1発当てたかった。


◆まとめ
ミルコ、フランカ、トリッグ、フランクリンとアラフォーにさしかかる面々は総じて厳しい結果。そんな中、既にアラフォーなマテュシェンコさんガッチリ勝利笑。現役を止める勇気と続ける気概.....総合はロールモデルがないだけに難しい。

今大会は、メイウェザーマルケスの対抗策としてPPV誘導策=スパイクTVでのアンダーカード1時間無料放送を実施。視聴者数140万人、世帯視聴率1%(18-34歳セグメントでは1.5%で全局中2位)を獲得。またアメリカンエアラインズ・センターでのゲート収入は歴代2位を記録したそうです。

なお、歴代1位は2005年に行われたローリングストーンズのコンサート。アラシックスティーな親父達は無敵のようです。(MMA Payout)((MMAjunkie))


【UFC103 アルバム】

Fight of the Night award:リック・ストーリーvs.ブライアン・フォスター
Knockout of the Night:ヴィトー・ベウフォート
Submission of the Night:リック・ストーリー
賞金:6.5万ドル

Ricky Story Arm Triangle Chokes Brian Foster UFC 103

日付:9/19(土・現地時間)/2009
開催地:アメリカンエアラインズ・センター(テキサス州ダラス)
観客:17,428(UFC公表)
ゲート収入:240万ドル(UFC公表)
ファイトマネー:のちほど
参照:(MMAjunkie)

2009年09月24日 UFC トラックバック:0 コメント:1

<< ファイターか俳優か?フエルタの動向 | MMA瓦版TOP | UFN19 宴のあと >>

ブログへの突然の訪問失礼いたします。
初秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび私たちは質の高い商品を皆様へご提供すべく
『D&N』ブランドの格闘技用品を始め
スポーツ用品全般を製造販売する株式会社Office Deep Mountainより
新商品の販売を開始いたしましたことをご案内いたします。
これまでの商品とは一線を画し、選手の立場から使いやすい商品を
開発いたしました。
PC:http://www.dn-usa.com/
携帯:http://www.dn-usa.com/scb/shop/
只今日本初上陸記念キャンペーンといたしまして、
オープンフィンガーグローブ、キックミット等キャンペーン価格にて
ご提供いたしております。
ご興味持っていただき、お手にとって商品の質をご満足いただければ幸せです。
また、Amazonへの登録も行っておりますので、
アフィリエイトにお使いいただければと思います。
http://www.amazon.co.jp/shops/ALN5F7MCW17YR/

2009年09月24日 D&N通信販売事業部 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。