スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

あのヒトはいま~チャールズ“クレイジーホース”ベネット~

【暴れ馬 改め キッド・カオス】

krazyhorse_1.jpg最近チャールズ“クレイジーホース”ベネットが改心したそうな。

以下は意訳になります。

The MMA Bad Boy: Charles Bennett wants you to meet a kinder, gentler "Kid Khaos"(MMA Junkie)

“長らく最もユニークなMMAファイターとして知られたベネットは、今現在イメージチェンジの真っ最中です。彼はいまや父親になったのです。それで、彼には子供のお手本になる必要があるようです。

そのことは、クレイジーホース=暴れ馬からキッド・カオスへと変化することを含みます。カオス=無秩序という名にもかかわらず、落ち着き洗練された自分を目指す意図があるようです。

ルームメイトの試合のためにオクラホマに駆けつけた彼に話しを聞きました。

我々の疑問はこうです。

つまるところ、彼の今までの過去―ドラッグ密売による逮捕劇、その後のMMAへの転向、そして可笑しな髪型や黄金の入れ歯等々―を通して、MMAにおける彼自身の将来についてどう考えているのでしょうか?

ベネット「俺がすべきことをしていれば、正常でいられるって事なんだよな。向こう3年間は練習に献身するつもりだな。これが初めての真剣なトレーニングなんだよ。今までになかった感じ。5年後は映画の世界にいるだろうな。」

ベネットの話しはフロリダの Ocala から始まりました。

彼は高校生の時に父親から家を追い出されました。そして、ドラッグディーラになったのです。

「俺の昔の仲間に聞いてみなよ。俺の破天荒ぶりを知ってるからさ。」

今のところ彼の外見しか変わったように見えませんが、熱心に練習に取り組み、自分を変える気は満々のようです。今では身なりをきちんと整える時間も定期的に確保しています。

「いまの俺は髪のあるキンボみたいなもんだ。子供たちにはムショに行ってナンボだなんて思ってほしくないんだよな。」

ひとつだけ変わらないことあるとしたら、それは賛否両論ある彼の“道化っぷり”でしょう。

もちろん、それがキッド・カオスの魅力的な立ち振る舞いの源なんですが。”





各サイトの反応 1
“どうも合点がいかない感じがする。もちろん飛躍的に良い方向なんだろうけれど。もしクレイジーホースが好きなファイターの1人でないとしたら、きっとその人は自分自身に嘘つきなんだろうなあ。”

各サイトの反応 2
“これはTVで下品なことをしてきたコメディアンが上品に様変わりして、またもとの鞘に戻るということなのか、それとも、本物の改心なのだろうか?
いずれにせよ遅かれ早かれわかるでしょう。ただ、彼は過去にも改心して上手くいかなかったことは抑えておこう。”


直近の試合 KOTC - Superstars(8/13/2009) では 1R 3:32 見事KO勝利を収めているそうです。

2009年11月10日 海外MMA トラックバック:0 コメント:0

<< 【備忘録】 キニナルマッチメイク | MMA瓦版TOP | レジェンドたちの近況―ジェンス・パルバーとフランク・シャムロック >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。